FC2ブログ
ユーラシア旅行社で今、評判の海外旅行情報
世界130カ国への海外旅行、海外ツアーを扱うユーラシア旅行社が巷で評判の海外旅行最新情報をお届けします。


プロフィール

ユーラシア旅行社

Author:ユーラシア旅行社
世界130ケ国以上の海外旅行、海外ツアーを取り扱うユーラシア旅行社が世界最新情報をお届けします。



クリックで応援お願いします



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ユーラシア旅行社の南アフリカツアーでネルソン・マンデラゆかりの地へ
ロベン島(南アフリカ)

昨年12月に多くの人々に惜しまれこの世を去ったネルソン・マンデラ。
彼は1960年代の反アパルトヘイト運動の指導者として、人種差別に立ち向かった人物として有名です。
1964年からの27年間、ロベン島にて獄中での生活を余儀なくされました。
また、そこでも人種差別によって黒人の人々には重労働、そして粗末な食事、ぼろ雑巾の様な衣服を強要され、悪環境の結果、獄中死する人も少なくなかったそうです。
しかし、そんな中でも希望を持ち続けたマンデラ氏は密かに外部に通じていました。
そして1990年には釈放され、4年後には南アフリカ共和国の大統領になりました。
彼はその後も世界中から支持され続け、人種差別のない「虹の国」を目指しました。

そんな彼の映画が5月24日から公開を迎えることとなりました。
その名も『マンデラ 自由への長い道』。
内容は彼が著した書籍を映像にしたもので、人種差別との戦いが描かれています。
当時の人種差別を受ける黒人の人々の映像も含まれていて、予告編だけでも胸を打たれてしまいます。
「生まれながらに肌の色のせいで、他者を憎む者などいない。」
報復するのではなく、許すことで「虹の国」への実現を目指したネルソン・マンデラの長い戦いを是非皆様もこの機会にスクリーンで観てはいかがでしょうか。

ユーラシア旅行社の南アフリカツアーではマンデラ氏が収監されていたロベン島や、プレトリアでは1963年に逮捕されるまで住んでいたマンデラ・ハウスに訪れます。

ネルソン・マンデラ氏ゆかり後も訪ねるユーラシア旅行社の南アフリカツアーはこちら
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。