FC2ブログ
ユーラシア旅行社で今、評判の海外旅行情報
世界130カ国への海外旅行、海外ツアーを扱うユーラシア旅行社が巷で評判の海外旅行最新情報をお届けします。


プロフィール

ユーラシア旅行社

Author:ユーラシア旅行社
世界130ケ国以上の海外旅行、海外ツアーを取り扱うユーラシア旅行社が世界最新情報をお届けします。



クリックで応援お願いします



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



クラッシクカー天国、キューバ
クラシックカー(ハバナ旧市街にて)

キューバ革命、ゲバラ、音楽、サルサ、葉巻、ラム酒、クラッシックカー等々、キューバの魅力は尽きません。
その中で、今回は、車ファンにはたまらない、キューバで今もなお現役として町中を走るクラシックカーにスポットを当ててみたいと思います。

首都ハバナを始め、キューバのいたるところで、緑や青、紫、ピンクといった、目が覚めるようなビビットで色鮮やかなクラッシックカーが数え切れない程走っています。
アメリカ車が最も「アメ車」らしいと言われる1950~60年代の車が主流です。
最も多く見かける車種と言えば、シボレー、次いで、フォードです。
この頃、アメリカの力強さや豪華さを強調するデザインがもてはやされ、飛行機や砲弾をイメージした飾りを付けたり、戦闘機のモチーフを取り入たり、エンジンも大型化へと移行していきました。
しかし、アメリカでは、豪華で大型のアメリカ車は公害問題等の影響から小型化、シンプル化の傾向が大きくなり、徐々に姿を消していきます。
にも関わらず、キューバで今も50年代の車がこんなにも多く走っているのは、実は、故障する度に修理を重ねて乗り続けているからです。

車に限らず、キューバでは、物が壊れたら直ぐに新しい物を購入するのではなく、可能な限り修理して使用するという考えが深く根付いています。
日本で言う百円ライター1つでも修理して使用するのですから、素晴らしい!
街の沿道では、正体不明の部品のような物が売られているのもよく見かけます。
これも、キューバならでは。
どんな小さな物でもまずは修理。
1つの物をとても大切に扱うキューバの人々の物に対する思い入れの強さ。
そこには、キューバの人々の温かさを感じます。
あの屈託のない笑顔もきっとそんなところからきているのかもしれません。

キューバツアー|キューバ旅行ならユーラシア旅行社

スポンサーサイト




水中遺跡クバルスピアン(ユーラシア旅行社のアンコールワットツアーにて)
クバルスピアン

シェムリアップから、まるで戦車のキャタピラで馴らしただけのようなデコボコ道を約1時間半。
さらに、ほぼ自然のままの岩道を、休み休み登り続けること、小一時間・・・。
突然、目の前に涼しげな小川のせせらぎが現れました。
よくよく目を凝らしてみると、川岸にも川床にも、岩肌の至るところに彫刻が・・・!
それらは、神々の姿であったり、その化身であったり、おびただしい数です。

一体全体、何故こんな山の上の川の下に、しかも、訪れる人も少なそうなこんな奥地に・・・?

それは、当時を統べていた王の願いの象徴だったのです。
この川の源泉で「神の力」によって水を清め、その聖水がはるか下流に拡がるアンコールの地を潤せるように・・・と、計らっての事だったのです。

アンコールの地は昔も今も聖なる力で護られている・・・
その聖なる力の発する処、そこが、クバルスピアンなのです。
敢えて足を延ばした事で知り得たアンコールの聖なる秘密は、身体の疲れをも、清々しく心地よいものに変えてくれたのでした。

アンコールワットツアー、カンボジア旅行はユーラシア旅行社で



マルタ島ツアーの魅力
ゴゾ島のジュガンティーヤ神殿

「マルタって一体どこにあるの?」
と思われる方も少なくないでしょう。
それもそのはず。
マルタは地球儀で見ると、
国旗のマークに隠れてしまうほどの小さな国。
皆さんご存知のイタリア・シチリア島より南に約95kmの地点、
地中海の真ん中に浮かぶ島国です。

人が住んでいる3つの島、マルタ島、ゴゾ島、コミノ島(なんとコミノ島は人口2人!)と
2つの無人島から成っています。
これら全てを合わせてもなんと淡路島の約半分ほどの面積しかありません。
バスで約1時間半も走れば一番大きなマルタ本島でも
端から端まで移動する事ができるそうです。

ところが、こんな小さな国なのに、
16世紀にヨハネ騎士団が残したたくさんの美しい建築物が残っているし、
エジプトのピラミッドより約千年も古いといわれる世界最古の石造神殿跡に出会えます。
小さな島国の中に多くの見所が凝縮しているのです!

マルタ島ツアー、マルタ島旅行ならユーラシア旅行社で



ユーラシア旅行社で行く、文明の十字路シチリア島(シシリー島)ツアー
シチリア島ツアーでタオルミナギリシャ劇場よりエトナ山を望む

地中海のほぼ中央に浮かぶシチリア島。
この島は三千年の昔から数多くの文明が交錯してきました。
東から来て島の礎を築いたギリシャ人、
北から来たローマ人、
南から来たイスラム教徒、
西から来たノルマン人やスペイン人・・・
文字通り文明の十字路として数多くの人々が行き交ってきたのです。
各々の文明が島に残した遺産は、
現在のシチリア島でもモザイクのように色褪せぬ光を放っています。


かの文豪ゲーテに
「シチリアなしのイタリアは、
私達の中に何も形作らない。
シチリアにこそ、全てを解く鍵がある」
とまで言わしめたシチリア島。

ユーラシア旅行社のシチリア島ツアーでゲーテの言葉の真意を探しに行きませんか。

ユーラシア旅行社で行く!文明の十字路、シチリア島(シシリー島)ツアーの魅力


ユーラシア旅行社の南アフリカツアーは“ザンベジ・サン”に宿泊!
ザンベジ・サンホテル

ユーラシア旅行社の南アフリカツアーでは、
ザンビアのリビングストンで、
ビクトリアの滝まで歩いていける好立地の
ザンベジ・サン・ホテルに宿泊します。
敷地内にはシマウマ等が放し飼いにされていて、
周辺の散策も楽しめます。

ユーラシア旅行社で行く南アフリカツアー 南アフリカ旅行のハイライト、ベストシーズンのビクトリアの滝をたっぷり観光

ユーラシアのペルーツアーはマチュピチュ村に2泊してじっくり観光!!
マチュピチュ村

ユーラシア旅行社のペルー旅行では、
ペルーでも最も評判の高い遺跡、
マチュピチュの麓にあるマチュピチュ村に連泊し、
十分に見学します。
朝や夕方、クスコから日帰りでやってくる観光客が
比較的わずかな時間帯に遺跡をじっくりと楽しみます。

ペルーツアー、ペルー旅行ならユーラシア旅行社


ユーラシア旅行社のイランツアーでイスファハンへ!
イスファハン・イマーム広場

約850年ぶりに誕生したペルシャ人王朝、
サファビー朝の第5代王アッバース1世は、
イスファハンに都を移し、まず「イマーム広場」を造りました。
それは、イスファハンを世界の政治・経済・文化・宗教の
中心地にするための第1歩だったといいます。
東西160m、南北510mの広場は、四方を2層構造のアーケードに囲まれ、
シャイフ・ロトフォラー・モスク、アリカプ宮殿、イマーム・モスク、バザールが
東西南北に位置しています。
「世界の半分」といわれる通り、
広場そのものが巨大な美術品、あるいは博物館のようです。

ユーラシア旅行社のイランツアーでは、
昼間の観光に加え、イマーム広場の夜のライトアップにもご案内します。

イランツアー|イラン旅行ならユーラシア旅行社で



イスラエル旅行のお楽しみ!死海で浮遊体験をお楽しみください
死海で浮遊体験/エンボケック

死海の塩分濃度は普通の海水の約10倍。
そのため、浮力が生まれ、泳げない人でも不思議と浮くのです。
コツは、力まず自然に任せて浮くこと!
ヨルダン川より流れこむ死海の水は、ミネラルを多く含み、
美容や治療など様々な効能があることでも知られています。

また、クムランで発見された、
最古の「旧約聖書」の写本などを含む“死海文書”の大部分は、
現在、エルサレムの死海写本館に保管されています。

ユーラシア旅行社のイスラエルツアーでは、
プライベートビーチのあるホテルに宿泊し、
死海の浮遊体験をお楽しみ頂けます。

特集:イスラエル旅行の魅力!ユーラシア旅行社のイスラエルツアー



ユーラシア旅行社のヨルダンツアーでぺトラ遺跡をたっぷり観光!
エドディル/ぺトラ遺跡

ヨルダンツアーのハイライト、ペトラ遺跡。
ツアーに参加されたお客様からも、
「最も印象に残ったところ」では
常に一位にランクイン。

期待も大きいがゆえに、どれだけ歩く?
ゆっくり見られる?
と、ご心配な声も多いようです。

しかし、ペトラ遺跡は階段ばかりではなく、
歩きやすいところが多い遺跡です。

また、ユーラシア旅行社のヨルダンツアーでは、
午後、皆様ご自身のペースでゆっくりエドディルまで上って頂くなど、
連泊だからこそのゆとりの行程でご案内します。

ヨルダンツアー|ヨルダン旅行ならユーラシア旅行社で




ユーラシア旅行社のタスマニアツアーでクレイドル・マウンテンの懐に3連泊!
クレイドル・マウンテンロッジ

「クレイドル・マウンテン・ロッジ」、
及び「クレイドル・マウンテンシャトー」は
タスマニア随一の景勝地と言われ、
世界自然遺産にも登録されている
クレイドル山・セントクレア湖国立公園の
原生林地帯の一角、
大自然の真っ只中という
絶好の位置にあります。

広大なエリアには湖や川、
いくつもの遊歩道があり、
ここに宿泊するからこそ、
朝夕、気軽に散策をお楽しみ頂けます。

また、ロッジ周辺には
夜行性の動物達も生息しており、
人懐っこいウォンバットにも出会えるかも!
天候に恵まれれば、
夜には世界一空気の澄んだ場所で星空観察。

大自然の中での3連泊は
忘れられない思い出となることでしょう。

タスマニアツアー|タスマニア旅行ならユーラシア旅行社