FC2ブログ
ユーラシア旅行社で今、評判の海外旅行情報
世界130カ国への海外旅行、海外ツアーを扱うユーラシア旅行社が巷で評判の海外旅行最新情報をお届けします。


プロフィール

ユーラシア旅行社

Author:ユーラシア旅行社
世界130ケ国以上の海外旅行、海外ツアーを取り扱うユーラシア旅行社が世界最新情報をお届けします。



クリックで応援お願いします



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ユーラシア旅行社で行く、シルクロード世界遺産の旅
玉門関

シルクロードのオアシス都市・敦煌は、中国三大石窟の一つで世界遺産にも指定されている「莫高窟」で有名ですが、郊外にも多くの見所が残されています。
その一つが、かつて西域との国境の役目を果たしていた「陽関」です。
唐代の詩人、王維は、遠い西域へ旅立つことへの恐れの気持ちを「西、陽関を出ずれば故人無からん」と詠んだそうです。
今では漢の時代ののろし台が残るだけの遺跡ですが、かつて鉄の武器を置いていた為、赤く染まった土が、郷愁を誘います。
また、「玉門関」と呼ばれる関所跡も残されています。
かつては、重要な軍事施設としても使われており、軍隊が駐屯していたと言われています。
今年、6/15から6/25にカタールのドーハで開催される世界遺産委員会で、シルクロードに残る史跡の数々が新たに世界遺産に登録される予定ですが、「玉門関」も追加される予定です。

是非、この機会にユーラシア旅行社のシルクロードツアーでお出かけください。

2014年、新世界遺産ツアー、新世界遺産旅行はユーラシア旅行社で

スポンサーサイト

ユーラシア旅行社のシルクロード河西回廊ツアーで世界遺産を訪ねる
嘉峪関

シルクロードの一部である、河西回廊とは、東は甘粛省蘭州の北西に位置する烏鞘嶺から西は玉門関までの約1000kmにわたる地域を指します。
一般的なシルクロードツアーでは、敦煌・西安間を飛行機で移動してしまう場合が多いのですが、ユーラシア旅行社のシルクロード河西回廊ツアーでは敦煌・蘭州間をバスで走覇します。
河西四都と呼ばれる武威・張掖・酒泉・敦煌を中心に、仏教壁画や塑像を間近にご覧頂くことができます。
中には1000年以上前の壁画でも、赤・緑の明るい色から繊細な肌色まで変色せずにきれいに残っているものもあります。

さて、皆様は、「シルクロード・河西回廊ツアー」と聞いて、どんな旅行を想像されますか?
デコボコ道を何時間もバスに揺られる旅行を想像される方も多いかもしれません。
確かに、ほんの一昔前まではそうだったのですが、現在は、河西回廊の主要都市間は概ね快適な高速道路が走っています。

車窓からは、おそらくキャラバンが行き来していた時代とあまり変わらないであろう祁連山脈と北山に挟まれたゴビ灘に、漢代と明代の長城も望むことができます。

ユーラシア旅行社のシルクロード河西回廊ツアーで訪れる訪問地については、これまでも西安の「始皇帝陵」・「兵馬俑」、最西端の関所「嘉峪関」、敦煌の「莫高窟」などが世界遺産に登録されていました。
そして、ユーラシア旅行社のシルクロード河西回廊ツアーで訪れる観光地の蘭州の「炳霊寺」、敦煌郊外の「玉門関」、西安の「大雁塔」などが、本年、新たに世界遺産に登録される予定です。

是非、ユーラシア旅行社のシルクロードツアーで新世界遺産を誰よりも早く訪問下さい!



ユーラシア旅行社の九寨溝、黄龍ツアーで自然美を満喫
九寨溝

九寨溝・黄龍は、とってもスケールが大きい世界自然遺産!!
エメラルドグリーン色の湖は、透明度が高く底までくっきり見る事ができます。
また綺麗な湖だからこそ、周囲の景色を反射させ、更に幻想的な光景をご覧頂くことができます。
九寨溝の湖の透明度と緑豊かな景観は、何度見てもとても美しいものです。
また、沢山の木々と湖からなる為、マイナスイオンたっぷり!!
心も体もリフレッシュできるはずです。

また、黄龍では、龍の背に例えられている美しい石灰棚と、青く透明な綺麗な水が流れ落ちていく様をご堪能頂けます。
さらに、初夏になると、アツモリ草、赤や黄色のポピー、シャクナゲなどの高山植物が咲き乱れ、その美しさを引き立てます。

是非、ユーラシア旅行社で、ベストシーズンの九寨溝・黄龍ツアーにおでかけ下さい。



ユーラシア旅行社のシルクロードツアーで敦煌・莫高窟へ
莫高窟/敦煌

「敦煌」といえば、井上靖氏の小説が有名ですが、これを映画化した『敦煌』はご存知でしょうか。
今から25年も前の1988年の作品で、若かりし日の佐藤浩一さん、西田敏行さんらが出演されています。
物語は敦煌・莫高窟に関するある謎に迫ったものです。

映画の舞台は、11世紀の中国、宋の時代。
当時、現在の甘粛省、寧夏回族自治区、内蒙古自治区にまたがる河西回廊の周辺では、西夏王国が勢力を広げていました。
敦煌がこの西夏王国に敗れ滅亡する際に、何者かによって窟の壁に大量の経典が隠されたという歴史の背景に迫る壮大な物語です。

1900年、莫高窟の第16窟の奥に、隠されたもう一つの窟、第17窟(蔵経洞)が発見されました。
中からは大量の経典が発見されたのです。
20世紀最大の発見と呼ばれたこの発見により、世界中に敦煌・莫高窟の名が知られるようになりました。

誰がどのような目的で、これらの大量の経典を隠したのか。
その謎はいまだ解明されていません。

映画では、この謎に対する一つの答えが終盤に出てきます。
莫高窟観光の前に観れば、色々と想像が膨らみ、実際の見学が非常に興味深いものになること間違いなしです。

また、この時代の宋、西夏、ウイグルとの関係も、短い時間で理解できるのも映画の良いところ。
小説に忠実なあらすじになっているので、すでに小説を読んだことがある方にもお勧めです。

映画「敦煌」を鑑賞したら、是非、ユーラシア旅行社のシルクロードツアーで、実際にこの謎に包まれた17窟をご覧下さい。

シルクロードツアー、シルクロード旅行はユーラシア旅行社で

ユーラシア旅行社で行く!シルクロードの秘境「七彩山」ツアー
七彩山


昨年テレビ番組で紹介された七彩山。
中国の西北部の甘肃省の張掖近郊の張掖丹霞地質公園にあります。

なんと21世紀初頭の2002年に発見され、2008年に一般公開されたばかりの絶景です。
2009年、チャン・イー・モー監督による映画「女と銃と荒野の麺屋」のロケ地として有名になりました。

七彩山ツアー、七彩山旅行はユーラシア旅行社で

七彩山と敦煌四大石窟、シルクロードの旅 9日間





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。