FC2ブログ
ユーラシア旅行社で今、評判の海外旅行情報
世界130カ国への海外旅行、海外ツアーを扱うユーラシア旅行社が巷で評判の海外旅行最新情報をお届けします。


プロフィール

ユーラシア旅行社

Author:ユーラシア旅行社
世界130ケ国以上の海外旅行、海外ツアーを取り扱うユーラシア旅行社が世界最新情報をお届けします。



クリックで応援お願いします



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ユーラシア旅行社のインドネシアツアーで「桃源郷」タナ・トラジャへ
伝統家屋/タナ・トラジャ(スラウェシ島)にて

スラウェシ島のタナ・トラジャの家屋は、舟型の屋根を祖先が来たとされている北の方角に向けて建てられています。トンコナンハウスと呼ばれるこの家は、民族独自の建築です。
中国大陸から舟でやってきたという祖先を敬ってのことだそうです。

また、トラジャの人々は、伝統的な“葬儀”を執り行うことでも有名です。
身分の高い方の葬儀には3年以上かかることもあり、葬儀のために生涯をかけて懸命に働いてお金を貯めるそうです。
キリスト教に改宗した島民も多いのですが、村の洞窟には、舟形の棺桶と十字架が刻まれた棺桶が隔たり無く丁寧に並べてあります。

どことなく日本に似た印象も受けるタナ・トラジャ。
古代日本の風習ととても通じるところもある気がします。
まだ観光客の訪れも少ないこの土地で、自然や命そのものを敬い、大切に想うトラジャの人々の心に触れ、流れる時間にゆっくりと身を寄せてはいかがでしょうか。

インドネシアツアー、インドネシア旅行ならユーラシア旅行社


スポンサーサイト




ユーラシア旅行社のベトナムツアーでハロン湾クルーズを楽しむ!
ハロン湾

ハノイから3時間ほど走ったところにあるハロン湾。
ここは1994年に世界自然遺産に登録されたベトナムの中でも有名な景勝地です。
よく「海の桂林」とも呼ばれていますが、それもそのはず。
実はハロン湾も桂林(中国)も同じ広大な石灰岩台地にあります。
ともに奇岩奇峰が立ち並びますが、桂林は内陸にあるのに対し、
ハロン湾は海の中に2000弱の無人島が浮かび上がっています。

今回は、チャーター船に乗り込み、約5時間のクルージングをゆったりと楽しみました。
途中2箇所で下船しましたが、1箇所は20年ほど前に地元の漁師さんにより偶然発見された鍾乳洞「天空洞」。
もう1箇所は養殖場でしたが、船の中にあるいけすにはイカ、カニ、シャコ、貝などがあり、もし欲しい食材があればここで買うことができます。

さらに、船はゆっくりと景勝ポイントへ。
ここでデッキに上がり、夢中で周りの景色の写真を撮りました。

実は天気は曇り気味でしたが、このハロン湾はそんなこと関係ありません。
このどんより加減がかえって水墨画の世界を醸し出していました。

そして昼食は船の中で、ハロン湾の新鮮なシーフードに舌鼓を打ちます。
先ほどのいけすで買った食材も一緒に調理してもらいました。

こうして、お腹も心も満たして船は港へ戻って行ったのでした。

ベトナムツアー、ベトナム旅行ならユーラシア旅行社で



水中遺跡クバルスピアン(ユーラシア旅行社のアンコールワットツアーにて)
クバルスピアン

シェムリアップから、まるで戦車のキャタピラで馴らしただけのようなデコボコ道を約1時間半。
さらに、ほぼ自然のままの岩道を、休み休み登り続けること、小一時間・・・。
突然、目の前に涼しげな小川のせせらぎが現れました。
よくよく目を凝らしてみると、川岸にも川床にも、岩肌の至るところに彫刻が・・・!
それらは、神々の姿であったり、その化身であったり、おびただしい数です。

一体全体、何故こんな山の上の川の下に、しかも、訪れる人も少なそうなこんな奥地に・・・?

それは、当時を統べていた王の願いの象徴だったのです。
この川の源泉で「神の力」によって水を清め、その聖水がはるか下流に拡がるアンコールの地を潤せるように・・・と、計らっての事だったのです。

アンコールの地は昔も今も聖なる力で護られている・・・
その聖なる力の発する処、そこが、クバルスピアンなのです。
敢えて足を延ばした事で知り得たアンコールの聖なる秘密は、身体の疲れをも、清々しく心地よいものに変えてくれたのでした。

アンコールワットツアー、カンボジア旅行はユーラシア旅行社で



グジャラート州の美しき王妃の階段井戸(インド)
王妃の階段井戸(アダーラジ)

インダス文明の昔より
グジャラートの人々を支えたのが地下貯水庫でした。
水場は宗教施設を兼ねるようになり、
時の権力者は美しい装飾を施した階段井戸を築きました。

そんな階段井戸の中で特に人気が高いのが、
アダーラジの王妃の階段井戸です。

上部はヒンドゥー教の装飾が
下部はイスラム様式の装飾が施されたこの井戸には
悲しい伝説が残っています。

15世紀末のイスラム勢力が侵攻してきた時代、
美しき王妃ルージュハーは、
夫である王を殺した侵略者のベグダに求愛され、
建設中の階段井戸の完成を結婚の条件に提示しました。
喜んだベグダの権力により、壮麗な井戸が完成すると、
彼女は夫との愛を守るため
美しい井戸の底へ身を投げた、というものです。

ユーラシア旅行社の西インドツアーでは、
この「王妃の階段井戸」にご案内します。

ユーラシア旅行社で行く!悠久文明の地、混沌の異世界へのインドツアー


ユーラシア旅行社のネパールツアーで、世界の屋根ヒマラヤへ!
アンナプルナ遊覧飛行

世界の高峰トップ10の山はすべてヒマラヤ山脈に属しています。
その内の8座はネパールにあります。
地球が気の遠くなる年月をかけて創り上げたヒマラヤの美しさ。
それに対峙した時に心に響く、心動かす感動…皆様も是非味わって下さい。

ユーラシア旅行社のネパールツアーでは、
様々なラインナップをご用意し、
ヒマラヤの楽しみ方をご提案させて頂いております。
例えばお泊りのホテルから、遊覧飛行から、ハイキングからと
皆様お一人ひとりに合ったプログラムをお選びください。

ネパールツアー|ネパール旅行はユーラシア旅行社で